2012年10月22日

かしちゃん&キョロタンの障害度

7月から実は【介護職員基礎研修】と言うみっちり6ヶ月の介護の学校に通っていますが、今日勉強した【疾病と障害】という医療の授業での事。
 
【障害者手帳】の表記される障害の程度とその症状で基準は人間ですがかしちゃんの場合は人間なら障害者1級で…一番重度でした(∋_∈)まあこのブログと始めからお付き合いいただいている方には[当然でしょ?何を今更]と言われそうですが(-_-;
 
ちなみに現在のキョロタンは障害者3級位かなあ
 
おしっこがトイレまで間に合わなくなってきていて床が大洪水です(´;ω;`)
 
あと今【脳性麻痺】を勉強していたらかしちゃんの事を思いだしています
 
てか介護行こうと思ったのはかしちゃんがきっかけなんですけど…(´;ω;`)かしちゃんがいなくなってもう丸3年が経とうとしていますがやっぱりかしちゃんはいつまでもここにいます
 

ニックネーム shanon at 23:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、うちの犬(二匹ダックスの一匹7才)にも少しできている角膜パンヌス犬で検索してたどり着きました。

うちでもダックスがかわいくてしょうがないので二匹飼ってます。

13才まで前のダックス二匹はそれぞれ生きてましたが、腰が悪くなったり、バベシア症になったり大変でした。

あたらしいダックスも生まれつき、関節が弱いなどあり、もう一匹は少し角膜パンヌスがあったり金玉がいっこないとかあります。

そのため健康対策で、
(松の木や、たぶん大根生に入っている関節炎対策の栄養素でもある)MSM(メチルスルフォニルメタン)をアイハーブという通販サイトで買って、関節病対策で、一日約500mgずつ水に溶かしてプレーンヨーグルトで味付けてそれぞれ犬に与えたり、鳥の軟骨を食わせたり、日光浴をちゃんと昼間好きな時間させたりしています。

MSMを特に与え始めてから、関節の調子や毛並みが非常時良くなりました。

英語でMSM Dogsで検索すると出てくる情報があります。MSMは安全です。

MSM 犬 で検索したら日本語でもある程度情報が出ていました。

一文字の位置違いでまぎらわしいのですが、消毒薬のMMS(二酸化塩素=亜塩素酸ナトリウム+クエン酸)の方は、バベシア症に効くかもしれないので、カプセルに一滴だけ入れて、クリームチーズで食べさせたりすることがあり、寄生虫によると思われる下痢の時には少なくとも効きました。抗生剤は効きませんでした。消毒剤のMMSの方は与えるべき量がよくわかってないと危険です。MMSの方は自分や家族の人で実験して、安全だったので、犬にも使ってみました。

大豆タンパクにアレルギーがでるので、植物タンパクと書いてあるえさを与えることができません。

それが入ってないのでアイリスのラム米、鶏などを与えています。パッケージが変わったかもしれませんが、その都度よく見て購入しています。シニア犬と書いてあるとたいてい入っていてまずいです。
植物タンパクの入っているえさだと耳が赤くアレルギーを起こしたり毛が抜けたりもします。

Posted by つとむ at 2013年10月22日 17:17
書き忘れましたが、MSM(メチルスルフォニルメタンを500mg/日、犬は8キロと5キロちょっと。1000mgのMSMをカプセルを割って溶かして、プレーンヨーグルトで味付けをし、同じ水の容器に入れて競争でなめさせてますので大きい犬も小さい犬も体重割りで摂取できているはずです)を与え始めてから毛並み、関節のトラブルだけでなく、特に耳のアレルギーが完全に良くなって耳の悪臭が全くしなくなりました。MSM(メチルスルフォニルメタン)は今のえさに十分含まれていない栄養素だと思われます。加熱でなくなり水で流れ食品を加工すると無くなるものだから。大根生でも十分とれないと思われるのでやむを得ずサプリメントで与えています。その不足は犬の関節が悪くなる原因の一つだと思っています。うちの関節の悪い犬も母犬にもしかして足らなかったのではないかと思っています。
Posted by つとむ at 2013年10月22日 17:35
★つとむ様★
こんばんは。
なかなかブログが更新できず、非常にレス遅
ですみません(A;´・ω・)フキフキ

このブログは犬の介護で悩んだり大変だけど
ワンコの病気に悩む方に同じ仲間としてワンコ
と生きていければ、、と思って細々ですが
残させていただいているので、私のブログに
辿りつくまでのつとむさんの思いが伝わってきました。

カシちゃんもチェリーアイの手術はしましたが、
再発もしましたし眼病は心配ですよね。

今はキョロタンが完全に寝たきりで夜中に
体位交換の要求が酷く夜泣きで介護疲れ
もありますが、工夫しながらがんばっています。

お互いワンコの病気で大変ですが、幸せ
な最期が送れるようサポートしていけたら
いいですね!
Posted by shanon at 2014年02月07日 22:19
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3311595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック